疑似タイで重要なこと

みなさんこんばんは!Mume(むめ)です!

昨日は私生活の方が忙しくて更新をサボってしまいましたが、これからはできるだけ毎日1記事は更新していこうと思うので、よろしくお願いします!

 

今日のテーマは、疑似タイマンになった時に何を気をつけるべきなのか?というお話です。

疑似タイマンをする上で必要な基礎技術なんかついては直近の記事とも関連があるので、ぜひそちらの方もチェックお願いします↓↓

www.mume-exvs.com

www.mume-exvs.com


この疑似タイマン(以下疑似タイ)ですが、1試合の中で一度は必ず発生するタイミングがあると思います。もちろん人や使っている機体によって得意・不得意は分かれると思いますが、試合で勝つためには必ず必要になってくる項目なので、意識するべき部分を説明していこうと思います。

 

疑似タイは「勝つこと」より「負けないこと」!!

これが個人的に一番重要な部分ですね。自分が疑似タイになっているということは、相方も同様に疑似タイになっているということです。そこで自分が疑似タイに負けてしまうと、もし味方が疑似タイに勝っていたとしてもそれが無駄になってしまうんですよね。両方負けてしまっていてはダメージレースは一気に不利になり、目も当てられません。
逆にどちらかが疑似タイで勝てていた場合、もう片方はイーブンでも全然いいんです。
両方イーブンの場合試合は動きませんが、少なくとも自分たちが不利になることはありません(相手が時限換装機の場合は除く)。まずここが勝つための考え方として、覚えておくべきことです。

もしあなたが高コストを使っている場合、疑似タイで負けることは基本許されませんし、低コストとの疑似タイには絶対負けてはいけません。なぜなら、

  • 高コストは低コストと比べて明らかに性能が優っているため
  • コストが高くなればなるほど、試合の中での耐久の重みが増すため
  • 自分が低コストと疑似タイしている間、味方の低コストは相手の高コストと疑似タイになっているため

です。高コスト側が疑似タイに負けてしまうと、そもそも勝負にならないのです。

 

逆に低コストを使って上位コストと疑似タイになってしまった場合。このときに求められるのは、勝つことよりも負けないこと、最悪負けてしまっても食らうダメージを安くすませ時間を稼ぐことです。
よく低コストで高コストと疑似タイになったとき、やたらと格闘を振ったり攻撃を当てに行こうとしている人を見かけますが、相手が中級者以上ならばまず通りませんし、逆にそのせいで食らってしまうという光景の方が多く見られます。同じ腕同士の対戦の場合、低コストが高コストに疑似タイで勝つのはほぼ不可能(一部の疑似タイが得意な機体は例外)なので、望みの薄い勝ちを狙いに行くことより、できる限り負けてしまう確率を抑えること、負けてしまったとしても最小限の被害に抑え、味方が有利な状況をキープできるように努めることが重要だと言えます。

以前ツイッターの方で「上手い人ほどローリスクミドルリターン、勝てない人ほどハイリスクハイリターン」という話をしましたが、どちらのパターンにもまさにそれが当てはまります。

 

少し考え方を変えてみましょう。1vs1の状況で、あなたが一番攻撃を当てるチャンスとなるのはどのタイミングでしょうか?

 

 

 

 

 

 

答えは、「相手が攻めてきたとき」です。

相手が攻めてくるということは自らブーストを使って距離を縮めにくるということなので、相手の攻撃を回避した後が自分側から見た一番の攻撃チャンスとなります。
つまり、あなたが攻撃を当てにいくということは、相手からも攻撃を当てられるリスクを背負うということなのです。それが理解できているかで、疑似タイの勝率は大きく変わってきます。

上手い人が攻撃を仕掛けるとき、ほとんどの場合自分の攻撃が全て避けられた場合に離脱するためのブーストや降りテクを残します。攻め始めてから離脱するまでが1セットです。
勝てない人は攻撃を当てることに意識が行くあまり、離脱するためのブーストや回避手段を残しません。そのため、攻撃が通らなかった場合確定で反撃をもらってしまい、仮に攻撃が通ったとしても敵相方に着地を取られてダメージレースが五分のままだったりするのです。

勝てない人の疑似タイが勝つ・負けるの比率が良くて4:6くらいなのに対し、上手い人の疑似タイには「引き分け」が多く存在します。その比率は勝つ・負ける・引き分けが3:2:5くらいでしょう。疑似タイで6割負けてしまう人と2割しか負けない人、どちらの方が最終的に勝てる試合が多くなるかは一目瞭然です

 

どうしても疑似タイで勝てない、腕や機体的に負けてしまうとい場面もあると思いますが、その場合は早々に疑似タイを切り上げて味方と合流しましょう。勝てない疑似タイにいつまでも付き合っていてはそれこそ相手の思うツボですし、そのせいで自分は耐久ミリ、相手はまだほぼ無傷なんて状態になったら巻き返すのは非常に困難です。
相手が明らかに自分より上手かったり、機体相性的に不利だなと感じだ場合、1ダウンもらった時点で味方の方に逃げる、もしくは味方に救援を求める(シャッフルだと確実ではありませんが)のが最善です。迎撃を狙って足を止めたり格闘を振り返したりして結果2回3回とダウンさせられてしまうのは、勝負を捨てていると判断されても文句は言えない行為なので絶対にやめましょう

 

今回解説した「負けない疑似タイ」というお話ですが、中尉や大尉くらいでもできていない人が非常に多いです。減らない疑似タイというのができるようになると、低コストなんかは「相手に自分を狙わせて、弾やブーストを使わせる」といった行動だけで十分仕事になるので、味方が非常に動きやすい状況を作ることができます
高コストの場合はそもそもの役割が「いかに自分の耐久を減らさず相手の耐久を削るか」なので、これができないと相方がどんなに頑張っても安定して勝つことはできません

 

自分は疑似タイが比較的得意(もちろん負けることはありますが)なので、同じく疑似タイが得意な相方と組むのが非常に勝ちやすいと感じます。
先ほど挙げた3:2:5の法則に従えば、2人とも勝つ確率が9%、どちらか片方が勝つ確率が30%、イーブンになる確率が37%、どちらか片方が負ける確率が20%、2人とも負ける確率が4%です。つまり、疑似タイに持ち込めば7割以上の確率で五分以上の状況に持ち込め、自分たちが有利になる確率は不利になる確率の1.5倍以上です。
もちろん実戦でこんな単純な計算通りに進むことはありませんが、「負けない疑似タイをすることが、試合に勝つ可能性を広げるためにどれだけ重要か」ということは、ぜひ頭に入れてプレイしていただけるといいかなと思います。